スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ネットとの向き合い方


最近、今更ながら、ネットがこわいのです

かれこれ私がインターネットを始めてから、14年以上経ちますが
最近は「ネチケット」なんていう言葉も分からないような人たちが増えたように思うのです

ネットの世界だけでなく、リアルの世界でも必要最低限のマナーなどがあるのと
同じように考えることが出来ない人たちが、あまりにも多すぎるというか
なんというか
世の中、病んでしまっているというか

なにやら、吐きだめ?

実名で、何を食べた、どこへ行ったと充実ぶりを発揮する一方で
匿名性を活かして出来る場所では
人間の心の醜い部分が、否応なしに露呈しているように見受けられます

妬み、怒り、揚げ足取り、その他もろもろ…

それらの言葉はストレートすぎるので
非常に傷つきます

ああ、本当はみんな、こんな風に思って生きているんだ
にこやかにふるまっているあの人も、その人も
心のうちでは、本当はこんなかんじなの?

なんて、錯覚(?)してしまうほど・・・

ネットの付き合い方も考えないとならない時がきているかな・・・

それと、実名でやっている方々は
もう少し、自分がどれだけ危ないことをやっているかということを
認識して、写真なり、プライベートなりを晒さないと駄目だろうと思う

その場の感情で書いたこと、載せたことが、あとあと
どれだけ大変なことになるかということを
大人なら、考えないとならない
それが出来ない人が、あまりにも多すぎる

本当は、そういう人は、ネットなんてやるべきじゃなく、
友達同士でメール交換でもしているのが一番なんだと思うのだけれど


建物 - -
スポンサーサイト
- - -
<< NEW | TOP | OLD>>